So-net無料ブログ作成

地球の上に、生きる。



まさか、まさか。



アリシア・ベイ・ローレルさんに

お会いできた。




初めて彼女の本を手にしたのは

やはり、30ん年前のこと。


60ん歳になって振り返ってみて

30ん年前というのはぼくにとって

大きな大きな変化の時期だった。



会社を辞め

八ヶ岳へ一時「移住」し

自然農法の勉強をしていた時

畑へ持ち出し読んだ本といえば

福岡正信さんの


m25270114204_1 (1).jpg
「わら一本の革命」



そして

アリシア・ベイ・ローレルさんの


bookoffonline_0016136633 (1).jpg
「地球の上に生きる」

だった。



その彼女と

ここ日本でお会いできるとは。



P9130584.jpg
お話会だと思って行ったら(ゆっくり堂@戸塚)



P9130586.jpg
「Peace Music」と題された

ミニライヴコンサートだった。



早めに着いて

この日のための


P9130595.jpg
特製ヴィーガンプレートをいただきながら



P9130587.jpg
スタンバイしている楽器たちに見惚れる。



どっちも、おいしい。



79421548.jpg
「太陽とともに生きる」が


P9130596.jpg
ヴィーガンプレートに乗っかっていた。




アリシアさんのお友達という


P9130601 (1).jpg
サミエル/Sami Eluさんが紹介され

楽器の中でも異彩を放っていた


P9130588 (1).jpg
割り箸などの廃材で自作したという

楽器演奏でコンサートは始まった。



彼一人で演奏しているとは思えないが

打ち込みではなく

すべてを一人でやっているようだ。




P9130626.jpg
P9130627.jpg
P9130633.jpg
P9130632.jpg
手作り感も凄いが、構造も興味深い。




いよいよ

アリシアさんのコンサート。




ここでも

ぼくが見たことのない

手作りなのだろうか


P9130590.jpg
小型のハープのような楽器


P9130591.jpg
アコースティックギター


P9130592.jpg
そして、エレキギターなど



P9130625.jpg
P9130622.jpg
P9130614.jpg
P9130610.jpg
曲に合わせて持ち替えての

歌そして演奏。



ギターのチューニングは

数種類のオープンチューニング。






彼女たちの世界は

「これでなければならない」

という垣根がないのだろう

自分が表現したいことがあれば

それに向かって突き進む。



曲も歌も素晴らしければ

曲の合間に入るトークも素晴らしく

あっという間に

「超夢」のような世界は流れ行った。



会場を出ると


P9130643 (1).jpg
中秋の名月だった。



やっぱり、超夢?



nice!(0) 

nice! 0