So-net無料ブログ作成

父の、カメラ。(その2)



葬式は、しないでいい。



もしやりたかったら

「祭り」にしてくれ。



そう。



子リスたちには

そう言ってあるし

墓もいらない

でも火葬はしなきゃならないから

それなら散骨にしてくれ

とも、伝えてある。


そんなことを

日々考えながらの、断捨離。



でも、なぁ。




残されちゃったものは、なぁ。



いわゆる「形見」とでもいうのか。



ぼくはそういうことには

まったく頓着ないし

捨てたかったら捨てればいいんだけど

なぜか、引っかかった。



P9190834.jpg
父の、カメラ。



このところ

ドンドン、バシバシ

断捨離をしていた。


バカスカ、捨てた。


でもなぜか、今回は引っかかった。



このカメラは

今回断捨離をしていて

見つかったんじゃなくて

ずっといつも、身近なところにあった。



なんでこんなこと書いてるかというと

それこそ本当に断捨離・・・

つまり捨てようか・・・と

考えたからだ。



そしたら、動きが止まった。



なにか、引っかかった。



それは、もしかしたら


P9190828.jpg
P9190829.jpg
P9190831.jpg
デザインだったかもしれない。


もしかしたら


P9190839.jpg
P9190840.jpg
ダイヤルなどの質感だったかもしれない。



よく分からない「それ」が

ぼくに「待った」をかけた。



パソコンは今回の断捨離で

4台、お別れをした。


大事な思い出はいくつもあったけど

それでもなんとか

お別れは

きれいさっぱりと、できた。



でもなぜか、このカメラは

そうは行かない。



フィルムを買って装填して

14〜5枚試し撮りをしてみた。



つまりそれで

ちゃんと写ってれば

使ってみようか、という判断だった。



でも、冷静によく考えてみれば

もしシャッタースピードが狂っていたら

ちゃんと写る訳がない。



あるいは

シャッター幕が不完全だったら

やはりちゃんとは写らない。



レンズのどこかに

致命的な黴があれば

それでも満足な写真は撮れない。



どうしたものかとPCに向かい

試しに「NIKON S2」とググってみたら

「フォト工房キィートス」

というのがヒットした。



すぐさまHPへ行ってみると

「長年ニコンでカメラ修理を担当していた2名で会社を興し、お世話になった皆様への感謝の気持ちを表す言葉として、フィンランド語の「Kiitos:ありがとう」を社名としました」

とある。



なんだか、流れを感じた。



翌日(つまり9月20日)は

相変わらず超夢を見続けていた。


つまり

十分に休息が取れていない身体なのだ。


有体に言ってしまうと

起きた途端に「疲れている」のだ。



それでも、身体に聴くと

「行け!」という。



なら、行こう。



朝ごはんは


P9200850.jpg
松前漬けのお茶漬けを軽く一杯。



初めての西大井駅へ着くも

なかなか分かりづらく

遠回りをしてしまったけど

来て良かった。



遠回りをしてしまったけど


P9200866.jpg
P9200856.jpg
素晴らしいお店、素晴らしい対応だった。



ご店主、曰く

1)しっかりと、とても良い状態。

2)でも60ん年の経過で
  各部を清掃調整しないと
  本来の性能は発揮できない。

3)たとえば、1/8のシャッタースピードを選んでも
  バルブ状態になってしまうことがある。

4)1/1000のシャッタースピードが
  1/4000くらいの速度になっている。

などなど。



でも、レストアすれば健康体に戻る

と、笑顔でおっしゃる。



その場でレストアをお願いしようとした

その時

やおら電卓を取り出し計算をし始め

提示された金額は、4万円+α。

さらにレンズの分解調整で1万数千円。

トータルで6万円弱ということだった。



でも

「レストアをお勧めします」

でもなく

「もしよろしかったら、いつでもご用命を」

と言うスタンスを崩さない。


そういう金額だということは

彼には最初から分かっている数字だった。



素晴らしい紳士的対応だと、感じた。

ぼくはこの値段は妥当だと思う。



だってもう、代替の部品はないのだ。



つまり、ぼくのカメラの部品を

限りなく生かし

出来うる限りのレストアをしますよ

という金額の提示なのだ。



たいへん有難い。



たいへん有難かったけど

価格が価格なので

今日はレストアをお願いせずに

持ち帰った。



6万円あれば

ぼくがメインで使っているカメラボディが

楽々と買える金額だから・・・。



それでも、今日は

西大井へ行って、良かった。



人間の英知が作り上げた

一つの作品を

守り続けようという

人たちと出会えた。



気分を変えたくなって


P9200868.jpg
キーマカレーを食べた。



お腹がいっぱいになったので

初めて降り立った西大井という街を

身体で・心で、感じたくなった。



小一時間散歩をしたら

導かれるように

足は「蛇窪神社」へと向かった。



なんだか、どこをみても

「手作り的」な暖かみがあって


P9200872.jpg
P9200875.jpg
P9200876.jpg
どこの神社とも違う雰囲気を醸し出していた。


ちなみに、ぼくは巳年。


白蛇。


P9200871.jpg
なにかあるのかな!?



大宮八幡宮もそうだけど

大宮天満宮があり

大宮稲荷神社・三宝荒神社が、ある。



こちらも

「蛇窪神社」他、幾つもの神様がいた。



P9200877.jpg
P9200878.jpg
P9200879.jpg
P9200880.jpg



ひとの心の発露・手の動きが

なにかを生み出す。



触ることによって得られる、なにか。



無接点で出てくるCDではない

常に接することで得られるレコードの音・・・



なにか、そんなアナログな一日だった。



注:ちなみに朝西大井へ行く時
  一番最初に見た
  「天使の伝言」は


P9200853.jpg
   358 8888。


P9200881.jpg
  帰路、最後に見たのは358 358。


  358というのは

  ぼくが特に

  きわめてよく目撃する数字。



  西大井を散策中も

  たくさんの「天使の伝言」を見た。



  だから、どう

  ということでもないけど。

  備忘録として。


nice!(0) 

nice! 0