So-net無料ブログ作成

ぼくの、" HK MASK “ の、作り方。 [HK MASK]

ーー“ HK MASK “ を試作して思ったことーー



高性能 " HK MASK "を作るにあたって

考えることはだいたい4つです。

1)素材選び

2)耳ゴムの代用品

3)鼻あてワイヤーの代用品

4)ミシンか、手縫いか。



それでは

まず、1)から。


ぼくが試作しているマスク本体は

IKEAの “ ELLY エリ “

399円/4枚のキッチンクロスです。


1枚100円でたくさん作れますね。


P4172236.jpg
4枚セットですから

いやというほど作れます(笑)。


直接顔に触れるものなので

素材がコットンだということと

激安だし

自宅でも黒森庵でも

さんざん使った経験があり

耐久性も確認済みなので選びました。



裏地もこちらはさらに顔に密着するので


P4172237.jpg
家にあった晒し木綿を使いました。



さて問題は、ふたつ。



最初のトライでは

使い捨てマスクの耳ゴムを

再利用して使いましたが

こういう状況下では

どこへ行っても

適度な柔らかさのゴム紐は

欠品しているようで

なにかで代用できないかということ。



もう一つの難関は

「鼻あて用針金」(ていうのかな)

こちらも最初のトライは

使い捨てマスクから流用しましたが

DIYをしようという時は

素材としてなかなか良いものがなくて

多くの人が困っている様子。



それならば、と

家の中を探し歩いて

手にとって触ってみて

いけそうだと思う素材で

再トライしてみました。



2)耳ゴムの代用品

ゴム紐を使うという観点をやめ

不織布で作られた立体マスク市販品の


P4152077.jpg
耳かけ部分を参考に


P4152075.jpg
UNIQLOのAIRismという伸縮性のある素材で

買ってはみたものの肌に合わなくて

ほとんど着なかったものを使用。


P4152078.jpg
こんな感じに、カット。


P4162200.jpg
数回「仮縫い」して

耳あたり・鼻あたり・顔の密着度を調節。



鼻あて針金は

お菓子・パンなどを袋に入れたときに

口元を閉じる


P4152074.jpg
ワイヤーリボンを3本使って


P4162196.jpg
ぐいと押し込んで


P4162197.jpg
強度としなやかさをねらってみました。



結果は

耳はまったく痛くならず

鼻への密着性は市販品よりも素直で


P4162201.jpg
P4162202.jpg
大成功と言って良いかもしれません。



AIRismという素材は

ハサミで切っても

縁を縫わなくても解れてこないので

今回の目的には最適でしたが

多分TシャツなどでもOKだと思います。



それでも

ワイヤーリボンもない

そういうこともあるかと思い


P4172221.jpg
アルミホイルと竹串で試作してみました。


P4172222.jpg
P4172223.jpg
大きさは、こんなかんじ。


P4172224.jpg
二つに折りたたんで


P4172225.jpg
竹串にくるくる。



P4172227.jpg
筒状になったら


P4172229.jpg
手で潰す。



P4172230.jpg
P4172231.jpg
P4172232.jpg
ぺったんこになったらセロテープで止める。
(アルミ箔で手を切らないように気をつけてくださいね)



手で曲げてみた限りでは


P4172233.jpg
P4172234.jpg
曲がる時の感覚は市販品のそれと似て

調子良さそうです。



さて、


P4172235.jpg
これでまた

次のを作ってみようかな。



あ、そうそう

ミシンがなくても

手縫いで問題なくできます。

むしろ、静かな時間が過ごせて

気持ちよく時が過ぎて行く気がします。



作るの、楽しい。



nice!(0) 

nice! 0