So-net無料ブログ作成

ぼくの" HK MASK “ の、作り方、続き。 [HK MASK]

香港の鄺士山化学博士が作った

" HK MASK " って

本当に良くできていると

日々感心している。



なにしろ素人のDIY程度のスキルで

医療用に匹敵する性能のマスクが

自宅で作れてしまうのだから。



でも日々作ってみていて

どうやったら

だれでもが手に入りやすい素材で

だれでもが作りやすくできるか

そんなことも同時に考えている。



とくに今この時期

耳ゴムと、鼻当て針金が

なかなか入手しずらそうだから。


先日試しに使ってみた

パンとかお菓子を袋に入れた時

口を締めるのに使う


P4152074.jpg
P4162196.jpg
ワイヤーテープ。


その形状を見て

すぐに思い出していたのが

園芸などで枝の誘引などでよく使う結束ワイヤー。


どっかにあったよなぁ、と

家中探して


P4192303.jpg
やっと見つけた。


すぐに適当な長さに切って曲げてみると

やはり3本使用でちょうど良さそう。


今回は


P4202309.jpg
裾上げテープで束ねてみた。


P4202311.jpg
両端は縫しろ。



耳ゴムは、今回も


P4202315.jpg
UNIQLOのAIRismを使うべく型紙を。


鼻当てと耳の感触と

それから頰への密着度を確かめながら


P4202318.jpg
何度かの仮縫いは欠かせない。



P4202321.jpg
できた。



P4202322.jpg
鼻側。



P4202323.jpg
口側。



P4202324.jpg
P4202326.jpg
前作との比較。

前作は " HK MASK " 男性用のLサイズ。

今回のは " HK MASK " 女性用のMサイズ。


ぼくの顔的には男性Lサイズでは

ちょっと大きいかもしれないので

女性用Mサイズで作ってみたら

たぶん、ぴったり。


多分というのは

N95マスクに匹敵する性能を出すためには

大きな面積でできるだけ顔を覆い

より密着密閉させるために

さらに2本の紐を使用する。


そのために大きくできているのだと

ぼくは推測してるんだけど

普段使いではそこまでの性能はいらないと判断し

今回のマスクを作ってみたわけで

性能を計測できているわけではないからです。


でも、装着感は

今まで作った中で一番良い。



根を詰めて作業をしていたら

長女子リスが「できた〜!」といって

カフェラテを持ってきてくれた。


P4202312 .jpg
おおぉ。



とうとう、君の方もできたんだね。



二人して、よろこんだ。



おいしかった。



さて、でも、もう

次のアイディアが浮かんできた。



STAY TUNED!


nice!(0) 

nice! 0