So-net無料ブログ作成

粉まみれ奮闘記、その2・・・最終?



粉まみれになるのは

やっぱり大好きなようだ。


心も身体も喜んでる♪




この日はなんとも気になるところから。


ギター形状が通常のクラシックギターと違って

薄く狭いので膝に乗せて弾くときに

やや安定性に欠ける感じがしたので


P2120749.jpg
滑り止めのゴムを貼っていた。



ところがこれがなんとも強力で

爪で剥がし始めるも歯が立たず

いや、爪が立たない。


なんとか剥がせるかなと思ったら

ゴム部分だけが剥がれて

接着剤だけがきれいにボディ側に残ってしまった。


もうこうなったら荒療治しかない。


P2140800.jpg
シンナーを含浸させたティッシュを貼り

待つこと3分(カップラーメンみたいだな)。



P2140801.jpg
剥がれた。


剥がれたけど

ボディの塗装が

ビクともしないってどういうこと?



てことは、ポリウレタン塗装かな?


ぼくはウレタン塗装が嫌いだ。


剥がしてしまえ。



DSC_0362.jpg
P2150820.jpg
剥がした。



すべてサンドペーパーでやったので

粉まみれだ

うれしい。



おかげで、ていうか

パテで修復したところを

より正確に平滑にできた。


P2150814 (1).jpg
P2150816.jpg
P2150817.jpg
P2150818.jpg




生胡桃をフードプロセッサーで粉砕して


P2150819.jpg
塗り込む。



一日乾燥。




P2150844.jpg
できた!



P2150845.jpg
バリバリに割れた痕は、味ということで。



バージョン 2.jpg
一番重症だったところは


P2150846.jpg
ほとんど目立たなくなった。



P2150849.jpg
P2150854.jpg
P2150855.jpg
パテで修復したところ。



三連のペグが入手できなかったので


P2150864.jpg
爪楊枝で木ネジ痕を穴埋めして取り付け。



P2150859.jpg
これで2台、ギターが復活したぞ。








長女子リスは

このギターでいつも練習していた。



P2150822.jpg
こんなに、指板が減っていた。



直って、よかった!



nice!(0) 

nice! 0